薬で鼻炎を治す

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット

薬で鼻炎を治す

風邪でもないのに、くしゃみや鼻水が止まらなかったり、明らかに「花粉症では?」と思ったときには、
迷わず病院での検査を受け、原因を明らかにしてください。

鼻炎の症状に合った治療をするのが基本なんですが、鼻炎の治療法として、まずは薬で治すという方法があります。
ただし、薬と言っても様々です。医師や薬剤師に相談して、適切な薬を選ぶようにしてください。

薬は、薬店で売られている市販薬でも十分な場合もあります。
病院で、医師が処方してくれる薬よりも、効き目がおだやかなのが特徴で、アレルギー性鼻炎の症状全般に効くように、成分を調合してあります。

鼻炎の治療薬について

薬の種類としては、以下のようなものがあります。

●抗ヒスタミン剤
即効性があり、ひどいくしゃみや鼻水にも、よく効きます。
ただし人によっては”眠気”が出るかも知れないので、車の運転前の服用はオススメしません。

抗ヒスタミン剤には、第一世代と第二世代のものがあります。

第一世代の抗ヒスタミン薬

・抗ヒスタミン作用のみで抗アレルギー作用はありません。

・即効性があるが、副作用として強い眠気を誘うので、運転前の服用は避けてください。

第二世代の抗ヒスタミン薬

・抗ヒスタミン作用と抗アレルギー作用の両方を持ちます。
・抗ヒスタミン作用は早く現れるが、抗アレルギー作用は効果が出てくるまで約二週間かかるのが特徴です。
・第一世代のものと比べて副作用が少ないのが特徴です。眠気もあまり出ません。

●抗アレルギー剤
くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効き、眠気を誘わないのが特徴です。
しかし効きが少し遅く、約2週間後に効果が発揮されます。
予防薬ともいわれ、現在多くの種類があります。

●ステロイド点鼻薬
鼻粘膜の浮腫を抑え、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効果を示します。
鼻内に噴霧しますので、副作用もほとんど問題ありません。

●抗アレルギー剤の点鼻薬
症状が比較的軽い人に適している薬です。経口薬では眠気が強く出る人など様々なタイプの人に使われます。

●血管収縮点鼻薬
血管を収縮させ鼻づまりをなくす薬です。
長期間使用すると、かえって鼻づまりがひどくなる場合があるので、使用は短期間に留めてください。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット
レスポンシブ広告ユニット