手術でアレルギー性鼻炎を治療する

syujutu

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット

手術でアレルギー性鼻炎を治療する

アレルギー性鼻炎の治療は、鼻炎薬で治すのが一般的ですが、まれに鼻の粘膜が薬で治らないような変化を起こした場合などの時に、手術で治す方法があります。
手術としては、レーザー治療、高周波電気凝固、ラジオ波凝固、科学的粘膜焼灼術などがあります。これらは、アレルギー性鼻炎の主な病変部位であるところを焼き、アレルギー反応を抑えることを目的とします。
最近では、各種レーザーなどの手術機器が開発され、町の診療所でも、アレルギー性鼻炎の外来手術ができるようになっています。

どんな時に手術するの?

●薬物による治療を続けていても、一向に改善のきざしが見られないとき
●ステロイドや血管収縮性点鼻薬を多用している場合
●仕事や生活習慣などにより、薬を規則正しく服用できない場合
●薬を使えない妊婦
●薬による副作用(極度の眠気など)がある場合
●極度に薬を嫌う場合
●年中、鼻水や鼻づまりがひどい小児

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット
レスポンシブ広告ユニット