鼻づまりについて

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット

鼻づまりについて

鼻炎で一番つらいのは、鼻づまりではないでしょうか。鼻づまりがひどくなると、
いびきの原因にもなります。鼻呼吸ができなくなるので、常に口で呼吸する状態になり、口内の乾き、
のどの痛みといった症状にも発展してきます。
鼻づまりは様々な疾患が原因となって起こる症状の一つです。鼻づまりの主な原因としては、感染症、鼻腔の構造的問題、アレルギー性鼻炎、
血管運動性鼻炎などが考えられます。鼻づまりの人は、それら原因のうち、2つ以上の要因が関与しているのが普通です。
左右の鼻の通り具合は鼻腔通気度計を用いることによって客観的な数値として表すことが出来ます。

いびきと鼻づまりの関係

アレルギー性鼻炎をはじめとする鼻炎は、いびきの原因になります。これは、鼻炎によって鼻粘膜が腫れ、
鼻の中が狭くなることからいびきが出やすくなるのです。鼻粘膜の腫れは、風邪などでもなりますが、恒常的な鼻炎は、
より鼻粘膜を傷つけやすいのです。
アレルギー性鼻炎などは、何年にも渡って徐々に進行するケースもあるので、知らず知らずに鼻づまりの傾向が強まり、
気づかないうちにいびきをかくような体質になってしまうこともあります。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット
レスポンシブ広告ユニット