鼻たけ

基本 CMYK

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット

「鼻たけ」とは

鼻たけとは、鼻のポリープとも呼ばれ、鼻の粘膜が腫れてできる肉質のポリープのことを言います。
鼻たけは、副鼻腔の入り口付近にできやすく、涙のしずくのような形をしています。副鼻腔にポリープができると、副鼻腔からの排液が妨げられ、
出口をふさがれた副鼻腔に液体がたまると、感染による副鼻腔炎の原因になります。

鼻たけの症状

鼻のポリープというと、癌の危険性を感じるかもしれませんが、腸などに出来るポリープと違い、主要ではないので、
癌の危険性はありません。
鼻たけは、単に炎症によってできるものです。

鼻たけは風邪などの感染症に伴って生じ、感染が治まればなくなる場合と、いつまでも消えない場合とがあります。
多くの人は鼻の中にポリープができたことに気づかずに、風邪が治まると知らない間に治癒しているというのが多いです。
しかし、鼻の充血、鼻づまり、鼻水、慢性感染などの症状が生じることもあります。

鼻たけの治療

鼻たけは、ステロイドのスプレー式点鼻薬か錠剤を使って治療します。鼻たけによってできたポリープが大きくなり、
空気の通り道がふさがれた場合は、副鼻腔からのはい排液がうまくいかずに、副鼻腔炎を発症する場合がありますが、
その場合は内視鏡手術を行う場合もあります。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット
レスポンシブ広告ユニット