通年性鼻アレルギー

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット

通年性鼻アレルギーとは

アレルギーを起こす原因抗原(アレルゲン)として最も多いのが、室内の埃(ハウスダスト)やダニです。
通年性アレルギーは、季節に関係なく一年中アレルギー症状を起こし続けます。特に「モーニングアタック」
と呼ばれる朝方のくしゃみと鼻づまりは、非常につらいものです。この症状は、自律神経が関係しています。

通年性鼻アレルギーの予防

通年性鼻アレルギーの予防は、なんといっても最大の原因であるダニ、

ハウスダストを除去することが肝心です。
ポイントは、以下の通りです。

【部屋や寝具をこまめに掃除】
・リビングや寝室などど、
毎日使う部屋は毎日掃除をしましょう。
・じゅうたんや畳は、ダニの温床です。できるならば、フローリングにリフォームを。
・防ダニの布団を使用するだけでも、ダニの繁殖を防げます。。
・使用している布団、毛布などの寝具類は1週間に1回は掃除機をかけましょう。
・晴れた日は寝具類は、よく日光にあて乾燥させましょう。
・乾燥機を使うと、ダニ駆除率が高く効果的です。特に雨が続く日は、洗濯物を乾燥機にかけると効果が高まります。

【体の抵抗力を高める】
・バランスのとれた食生活と十分な睡眠で、免疫力が低下しないように気をつけましょう。
・過労やストレスも、体の抵抗力を弱める一因になるので、普段から適度な運動や睡眠を心がけましょう。
過剰な残業などもしないほうが良いです。
・乾布摩擦などで、皮膚を鍛え、抵抗力をつけましょう。

通年性鼻アレルギーの薬について

通年性鼻アレルギーの症状にあったアレルギー薬を使用するようにしましょう。
アレルギー症状を抑える薬剤としては、以下のように様々なものがあります。

【抗ヒスタミン剤】
即効性があり、ひどいくしゃみや鼻水にはよく効きます。ただし眠気を誘うものがあるので、車の運転前には服用しないようにしましょう。

【抗アレルギー剤】
くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効きます。眠気が起きないので、仕事中でも服用できます。ただし、抗ヒスタミン剤に比べ、
効きが少し遅いのが特徴です。約1?2週間後に最高の効果が発揮されます。
抗アレルギー剤は、鼻炎の予防薬ともいわれており、様々な種類の薬が出ています。

通年性鼻アレルギーの点鼻薬について

【ステロイド点鼻薬】
くしゃみ、鼻水、鼻づまりに優れた効果を示します。
効果も比較的早く現れますので、抗アレルギー剤と併用することで症状はかなり抑えられます。鼻内に噴霧しますので、
副作用もほとんど問題なく、安心です。

【抗アレルギー剤の点鼻薬】
症状が比較的軽い人に最適です。また、眠くならないのが特徴です。

【血管収縮点鼻薬】
血管を収縮させることで、鼻づまりを解消する薬です。ただし、長期間にわたって頻繁に使用すると、
かえって慢性的な鼻づまりを引き起こす危険性がありますので、服用には注意が必要です。
短期間に使う分には、問題ありません。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット
レスポンシブ広告ユニット