季節性鼻アレルギー(花粉症)

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット

季節性鼻アレルギーとは

季節性鼻アレルギーとは、その名の通り、春のスギやヒノキ、夏のカモガヤ、秋のブタクサなどをアレルゲンとして起る、
季節性のあるアレルギー性鼻炎のことです。

一般的に、花粉症と呼ばれるもので、
今や国民病といっても過言でないくらい、この花粉症に悩む人は年々増加傾向にあります。

季節性鼻アレルギー(花粉症)の症状

季節性鼻アレルギー(花粉症)は、2月?3月頃、スギ花粉が舞う季節に多くの人がなり、悩まされます。
いわゆる、「スギ花粉症」と呼ばれるものです。
その症状は、くしゃみ、鼻水のほかに、涙目や目のまわりのかゆみ、頭痛などがあります。

花粉症はスギ花粉以外にも起こることがあり、初夏から秋にかけてブタクサやヨモギなどによっても起こることが知られています。

花粉症は、春先が多いというイメージが強いのですが、意外と夏や秋に花粉症に悩まされる人も多いのです。

季節性鼻アレルギー(花粉症)対策

鼻アレルギーにならない対策で、有効なのはアレルギー物質を近づけないことです。
花粉症の場合は、なるべく外出しないことがベストですが、そうも行ってられませんよね。

しかし、様々な方法で花粉から回避することが、季節性鼻アレルギー(花粉症)を予防する第一歩なのです。
花粉は、風が強く、晴天で空気が乾燥した日や、雨上がりの翌日で天気が良い日に多く飛びます。
このような日には必ずメガネやマスクを着用し、帰宅時には、玄関先で服や髪の毛についた花粉を払い落とし、部屋に入るようにしてください。

洗濯物や布団の取り込みは、花粉をよく落としてから部屋に入れるのが基本です。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット
レスポンシブ広告ユニット