アレルギー性鼻炎の悪化

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット

アレルギー性鼻炎の悪化について

アレルギー性鼻炎は、放置しておくとだんだん悪化していきます。
その症状として代表的なのが、味覚や臭覚の低下です。
食事をしても味や匂いが分からなくなってしまいます。

その他、眠れない、集中力の低下などの症状を招きます。
くしゃみ、鼻水がひどくて眠れない。
口を開いて寝るので口の中が乾き、喉が痛くなる。などの症状が出ます。
また、常にイライラした状態が続く場合もあります。

さらに放っておくと、副鼻腔炎、中耳炎を発症してしまうケースもあります
鼻は喉を通して耳とつながっているので、鼻づまりにより鼻やその周囲に炎症が起こり、頭痛を起こす副鼻腔炎になったり、
中耳炎に発展する場合があります。

風邪でもないのに、くしゃみや鼻水が出て、とまらないようならアレルギー性鼻炎をまず疑い、医者に相談するのが良いでしょう。

アレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)は、ダニやハウスダストのほか、花粉など様々なものがあります。また、
それに応じて様々な治療法もあるので、かかりつけの医者に相談してください。

くしゃみが1日に20回以上、完全に鼻づまりが続くようなら、重症度の高いアレルギー性鼻炎です。抗ヒスタミン剤を投与したりする、
薬物療法で対処することもあります。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告ユニット
レスポンシブ広告ユニット